PDU-5160S/5260S

シャットダウン機能付き、大容量リモートパワーコントローラ

PDU-5160S/5260S

UPS連動・OSシャットダウン可能!最大11台の連動が可能!

PDU-5160S/5260Sは、LANを介してサーバ、ネットワーク機器等の電源を遠隔制御する為の装置です。AC出力1系統(2口)当たりPDU-5160Sは最大15A、合計最大60A(15A×4系統)、PDU-5260S は最大10A、合計最大40A(10A×4系統)の電力を制御できます。独立制御可能な4チャンネルの電源出力でハングアップ時に個別に電源のリブートが行えます。ネットワーク経由で最大11台を連動させる事ができ、どの装置に接続されたUPSで電源異常/回復が発生しても、予め設定された時間に従い停止/起動処理を行う事ができます。独立設置はもちろん19インチラックにマウントも可能です。

またrshやSNMPにより、HP Software(旧OpenView)などのネットワーク管理ソフトウェアから制御することが可能です。

PDU-5160S/5260Sの特長

  • 独立制御可能な4系統電源出力
  • 合計最大60A(5160S)/40A(5260S)のAC電力制御が可能
  • 設定や制御はWebにより簡単に行えます
  • 制御回路故障時、制御電源故障時もAC出力状態を保持するラッチング・リレー採用
  • スイッチによる一括電源制御が可能
  • 各チャンネルを個別に、又は連携させて制御が可能
  • 複数ユニットを連動させる事が可能
  • UPSとの連動、及びサーバのOS自動シャットダウンが可能
  • 曜日毎・運休・特別スケジュールの設定が可能
  • WakeOnLan(WOL)送信機能
  • 登録した機器と通信不能の場合、電源をOFF→ONする自動リサイクル機能
  • ルータ越えの制御・イベント通知が可能
  • ネットワーク上へのブロードキャスト通知(IP Messenger対応)
  • 電子メール通知機能(PCや携帯電話対応)
  • rshによる制御可能
  • SNMPによる制御、トラップによる通知可能
  • ログ機能により障害解析が容易
  • ウォッチドッグ・タイマ機能により自己診断を行い、異常時は自動再起動します
  • HP Software(旧OpenView)等のネットワーク管理ソフトウェアとの連携可能
  • 10BASE-T/100BASE-TX 自動認識・切換
  • 19インチラック対応、ラックマウントキット付(独立設置も可能)
  • Web上よりファームウェアのアップデートが可能
  • 設定データのバックアップ・リストア機能
  • Timeサーバーと時刻を同期させることが可能
  • 管理者負担を著しく低減し、コストダウンを計れます
  • 遠隔制御によりネットワーク機器の完全無人運転が可能
  • ネットワーク機器の管理代行サービスに最適

ソフトウェア(オプション)

PDU-5160S背面
PDU-5160S背面

PDU-5160S/5260S 本体仕様

型式PDU-5160SPDU-5260S
入力電圧AC100V (最大AC125V)AC200V (最大AC250V)
入力電流最大60A (15A×4、抵抗負荷)最大40A (10A×4、抵抗負荷)
入力周波数50/60Hz
入力プラグ形状NEMA 5-15P×4IEC320-C14×4
入力ケーブル長1.6m×4本(背面または前面より引出し可能)
出力電圧AC100V (最大AC125V)AC200V (最大AC250V)
出力電流2アウトレット1組当たり最大15A、
合計最大60A(15A×4)
2アウトレット1組当たり最大10A、
合計40A以内
出力周波数50/60Hz、入力と同じ
出力コンセント数8個
出力コンセント形状抜け止め接地コンセント
(NEMA 5-15R 互換)
接地コンセント
(IEC320-C13互換)
制御方式Ethernet LAN (100BASE-Tx/10BASE-T)
通信プロトコルTCP/IP,UDP,ARP,ICMP,TFTP,RSH,HTTP,SNMP,SMTP,NTP
制御チャンネル数4チャンネル
制御内容各出力チャンネル毎のON、OFF、RECYCLE(REBOOT)
入力ブレーカ15A × 4系統10A × 4系統
表示器ネオンランプ×4(給電状態表示)、
LED×3(ウォッチドック・ネットワーク状態表示等)
消費電力8.5VA 6W
使用環境条件温度:5~50℃、湿度 8~80%RH、標高 3,000m以下
外形寸法440(W)x84 (H) x 178(D) mm (本体のみ、突起部を除く)
質量約 4Kg (ケーブルを除く)
その他EIA19インチラック2Uにマウント可能なブラケット附属
制御回路故障時、制御電源故障時も出力状態を保持
VCCIクラスA準拠

インターフェース

【RS-232C】メンテナンス用(DB9P)、UPS用(DB9P)、【10/100BASE-TX】

ピン信号名UPS用(EXT.)
1CDバッテリ電圧低下
2RD未使用
3SD負電圧
4ERUPS停止、負→正
5SG信号アース
6DR停電
7RS正電圧
8N.C未使用
9N.C未使用

メンテナンス用コンソールポート (CONSOLE)
IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイの設定が可能

UPS用ポート (EXT.)
UPSの接点I/Fと接続、以下の様な機械接点式または半導体式(オープンコレクタ)信号出力を有するUPS監視が可能

機械接点式
半導体式

【CASCADE】ユニット連結、【SHUTDOWN】サーバのOSシャットダウン用(DB9P)×4

ピンSHUTDOWN
1未使用
2負電位
3未使用
4バッテリ低下
5未使用
6未使用
7停電信号
8正電位
9未使用

OSシャットダウン用ポート (SHUTDOWN)
最大4台のOSシャットダウンが可能(個別又は連動)
接点方式のUPS監視ソフトウェア対応の信号を出力
(別売標準UPSサービスモニタ、又はWindowsのUPSサービスに対応)

ユニット連結用ポート (CASCADE)

専用ケーブル(オプション)でカスケード接続する事により、実装のON/OFFボタ ンによって複数の装置を連動させる事が可能(制限なし)
※ボタン操作以外(UPS・スケジュール・遠隔からのコマンド操作等)もネッ トワークを利用して連動させる事が可能(最大11台)です。この場合ケーブル接続は必要ありません。

オプション

シャットダウンケーブル IRS180

OSシャットダウン用のケーブルです。
1台のPDU-5115Sで、2台までコンピュータのシャットダウンが可能です。
コンピュータのRS-232Cポートによって選定致します。

UPSケーブル

UPSと連携させる場合のケーブルです。
UPSによって仕様が異なりますので、ご利用のUPSをご指定ください。

メンテナンス用RS-232Cケーブル IRS180J

DB-9Sのクロスケーブルです。PDU-5115SのCONSOLEポートとパソコンを接続し、ハイ パーターミナル等の通信ソフトウェアを利用して、IPアドレス等の設定や確認ができます。

ユニット連結ケーブル RPC500B

複数のユニットをカスケード接続する事により、ボタン操作を連動させる事ができます。

AS-WIN Utility

7040/PDU-5000S用シャットダウンユーティリティー

ALLマスター方式を実現、停止中のサーバがあっても稼動中のサーバ全てを安全にシャットダウンします。
LAN経由でWindowsの自動シャットダウンを実現。煩雑なケーブル配線が不要です。

ISA UPSモニタ

Windows/UNIX/Linux の自動シャットダウンソフト

Windows/UNIX/Linuxの自動シャットダウンを実現。 各社の接点信号を持つUPSまたはISAの電源制御装置(PMD)からの停電信号によりシャットダウンを実行します。
停電待ち時間、シャットダウン猶予時間の設定ができ、シャットダウン前の実行プログラムの動作時間も調整できます。 起動/終了のログも記録できます。

IRSH Ver.2 ( Windows 用) SP-IRSH2-WP1 (ISAリモートシェルコマンド)

SP-IRSH2-WP1

UNIXレベルのタイムアウト・リトライ機能を備えた信頼性あるWindows用リモートシェルコマンドです。