Windows/UNIX/Linuxの自動シャットダウンソフト

標準UPSサービスモニタ(Windows用): SP-UPSM-WP1
標準UPSサービスモニタ(UNIX/Linux用): SP-UPSM-UP1

ソフトウェア画面 (クリックで拡大画面をご覧になれます)

標準UPSサービスモニタの特長

  • 各社の接点信号を持つUPSまたはISAの電源制御装置(PMD)からの停電信号によりシャットダウンを実行します。
  • 停電待ち時間、シャットダウン猶予時間の設定ができます。
  • シャットダウン前の実行プログラムの動作時間も調整できます。
  • 起動/終了のログが記録できます。

サポートOS


標準UPSサービスモニタ(UNIX/Linux用)は、model 7040[LINK!]と連携してVMwareのESXをRS-232Cケーブル接続でシャットダウンすることができます。 AS-WIN Utility[LINK!] ・ AS-UX Utility[LINK!]と組み合わせて利用すれば、仮想化環境に関する専門的知識や経験がなくとも、Windows・Linux混在のゲストOSを容易に電源管理する事ができます。 詳細はこちら[LINK!]。