IT農業

トマトのハウス栽培事業者

トマト農家

課題

大型の農業ハウス内に品種の異なるトマトを栽培。既存の環境計測制御システムは電源が必要で、より詳細なデータを数多く収集するには、機器の費用や工事費がネックになっていた。

複数のハウスで、異なる品種のトマトを栽培。また年間を通して一定量を出荷したい。
トマトの育成に、日射量、ハウス内温湿度、CO2濃度を細かく管理したいが、人手が割けない。機器も使い慣れない。自動的にハウス内環境データを収集したい。管理棟から最も離れたハウスまでの距離は300m。
既存のクラウドサービスに接続し、ハウス毎のデータ管理や制御は把握できる。

解決策

「計測ユニットの種類も多く、設置は自分たちでも簡単にできる。電池で10 年稼働は、非常にうれしいし、今までのように電波が届く届かないという不安もない」とオーナ様。

管理棟にWD100-S32を設置し、それぞれのハウスには10年バッテリ搭載の多点温湿度計測装置、トマト苗の高さ方向の温度分布と日射センサ、二酸化炭素濃度計測装置を配置。環境データは、LTE回線でクラウドサービスに一定時間間隔でアップされ、24時間居ながらにして全ハウスの状況を把握。

WD100の計測ユニットは電池で10年間駆動する。センサーの種類も多く、ハウス内の測りたい物(場所)に簡単に設置でき、長期に稼働できる。例えば、トマトの苗の頂点近傍、人が作業する高さ、地表面近傍を1台の計測ユニットでカバーすることも可能。複数設置された計測ユニットを、管理棟内に設置されたデータ収集サーバで全て集約できる。

データ収集サーバ側で簡易にデータを処理することができるため、オーナーが所有するPCにデータを送る設定も可能。WD100-S32通信制御サーバが持つ計算処理能力と管理機能、ネットワーク対応能力はこうした様々な環境で能力を発揮する。

導入に際して

事前検証をすることで、安心してご購入いただきました。
本件では、有償評価サービスをご提案し事前評価を実施。管理等から一番離れたハウスと、中間地点のハウスにWD100-THLC(温度・湿度・照度・二酸化炭素濃度)計測ユニットを設置。設置には1 箇所15 分程度。管理等に戻り、WD100-S32 とPC を接続し、電波強度やデータ内容を確認。この時点でデータは間違いなく収集できました。より通信状況が有利な箇所を数点捜しだし、報告。ここまで約2 時間。事前検証をすることで、安心してご購入いただきました。