警報・警告装置

WD100-KEIKO WD100シリーズシステム警報・警告装置 

システムの運用は、警告灯で安心安全!

LoRa無線通信によるどこでもアラート
「WD100-KEIKO」誕生

システムの運用は、警告灯で安心安全!LANやWi-Fiが届かない場所にも最適!アラートの二重化、見える化で確実な対応を!

LANやWi-Fiが届かない場所へも。見逃しゼロ目指し開発した警告灯

WD100-KEIKOは、ISAのベストセラー商品『ネットワーク警告灯・警子ちゃん(2000年販売~/累計販売台数約10万台)』をWD100シリーズに応用した警報装置で、親機からLoRa無線通信経由で、警告灯の点灯点滅、ブザー鳴動等の制御を行います。例えば、万一システムが、しきい値超過などの異常を検知した際に、あらかじめ設定しておいた監視対象の状態により(例:警告・危険な状態は赤色点灯、注意時は黄色点灯、正常時は緑点灯、など)、親機が警告灯の点灯点滅、ブザー発報の指示を出し、ユーザ(作業者や管理者)に異常をいち早く知らせます。WD100シリーズシステムの通報通知機能を強化することを目的に開発を行い、通知の見逃しや見落としによるユーザの損失やトラブル防止に貢献。さらに、コストの削減、品質の向上や信頼の維持等へも寄与します。

WD100-KEIKO導入によるメリット

  • LANやWi-Fiが届かない場所への警告・警報
  • 管理室に親機とともに設置。管理者の見逃し防止へ
  • データ収集を行う現場に設置し、作業者の迅速な対応へ貢献
  • LoRa無線方式で遠距離通信を実現。複数箇所で警報・警告が可能(電源は必要)
  • 離れた場所においても、関係者の情報共有が可能
  • 見落としや見逃しによる損失や損害の予防
  • コスト削減、品質の向上や信頼の維持へ貢献
  • 通知・警報の二重化、見える化によるユーザへの安心・安全の提供

WD100-KEIKO開発の背景

WD100シリーズは、計測・制御ユニット(センサ付属の子機)とデータ収集通信制御サーバ(親機)でシステムを構成しています。親子間の通信は、遮蔽物に強く、長距離無線通信が可能なLoRa無線通信方式を採用し、設置や使用に際して、場所や環境を選ばないことが特長のひとつです。

そのため、管理室と現場が離れていることが多く、異常値、異常判断、通信異常等が発生した際に、PC・スマホの管理画面上やメールで通知がされても、ユーザがすぐに気がつかないという可能性がありました。そこで、同シリーズをベースに昨年発表した、コロナワクチンを保管する超低温冷凍庫(ディープフリーザ)の温度と電源を監視するシステムでは、機器構成に警告灯を加えて販売したところ、システムを導入した自治体・病院のほとんどが、“通知警報を見逃さないように”と警告灯の設置を希望。管理室または、管理室と現場の両方に配置し、通知・警報の二重化、見える化を実現。管理者と作業者へ安心・安全を提供することができました。ただし、警告灯の使用には、LANまたはWi-Fi環境が必要で、条件を選ぶという課題がありました。このように、WD100シリーズのご利用分野・用途が増えるにつれ、親機から直接制御が可能な警告灯への要望が多く聞かれるようになり、このたびの開発、販売へと至りました。

アイエスエイでは、上記以外にもWD100シリーズによる、各種ソリューションを提供しており、すでに導入済みのユーザに対しても、順次追加設置提案を行う予定です(温度・湿度等による生産管理の現場、農業団体、青果市場、飲食店、大手物流・倉庫事業者、環境データの監視システム導入の教育現場、映画館等、製造装置の稼働管理を行う工場等々)。

WD100-KEIKO機器構成

WD100シリーズのシステムは、最少で1台の計測・制御ユニット(子機)と1台のデータ収集通信制御サーバ(親機)から構成されます。データ収集通信制御サーバは、最大32台の子機(計測・制御ユニット、警報・警告ユニット)の通信管理、データ収集と監視を行います。

新製品 WD100-KEIKO 警報警告ユニット

型番:WD100-KEIKO
定価:69,800円(税別)/1台

※本機は外部電源が必要です(DC24Vまたは、ACアダプタ(100~200V))。アンテナは本体内蔵。

計測・制御ユニット【子機】

計測・制御ユニットは、収集したいデータや制御内容に合わせて、各種デバイスをそろえています。詳しくはお問い合わせください。

データ収集通信制御サーバ【親機】

型番:WD100-N32(LTEなし)
型番:WD100-S32(LTEあり) ※1
定価:125,000円(税別)~

販売・受注開始2022年6月29日~
出荷開始予定 2022年7月予定
※現在使用中のユーザが追加購入を希望する場合には、別途作業費が発生します。

WD100-KEIKO 本体仕様

項目本体仕様
機能概要データ収集通信制御サーバからの制御で、指定されたランプの点灯状態、ブザー音出力を制御できます。本機は外部電源が必要です(DC24Vまたは、AC アダプタ)。アンテナは本体内蔵。
機器設定方式親機にあたるデータ収集管理制御通信ユニット(WD100-S32/-N32)のセンサユニット設定で行う
ランプ発光色:赤・黄・緑(3灯) 高輝度LED
パターン:点灯、点滅(約30回/分)、高速点滅(約60回/分)
ブザー連続音(PPPP・・・、約735回/分)
連続音(P―、P―、P―、・・・、約40回/分)
音圧:0(無音)~約70dB(換算値) ボリュームによる手動無段階調整
アラーム解除ボタンボタン押下でランプ消灯、ブザー停止 電源ランプを兼ねる
ステータス表示通信状態、WatchDog
通信/変調方式LoRa (LoRa Alliance®で規定)
通信/周波数920MHz帯
通信/規格プライベートLoRa、出力20mW以下
使用環境条件温度:0~+45℃ 湿度:20%~85%RH(結露なきこと) 海抜:3,000m以下
防水仕様非防水
電源(ACアダプタ)入力:AC100 – 240VAC 50/60Hz、出力:24VDC 0.5A
寸法(mm):46W×34D×25H、質量:約100g、ケーブル長:1.6m
UL適合、PSE適合
寸法(mm)W160 x D125 x H267
質量(g)600
消費電力約 5W
通信規格電波法技術基準適合、工事設計認証番号:001-P01026
安全規格CE準拠、UL準拠
EMC規格VCCI Class A適合
環境規格RoHS指令適合
無償保証期間出荷後1年間


お問い合わせ

ソリューション営業部

tel:03-3208-1563

EMAIL:info@isa-j.co.jp

リンク:https://isa-j.co.jp/momoaya/contact/