パワーガードマン


ISAとUPS

1990年代のUNIX時代、シャットダウン処理に伴うトラブル対策としてISAは自動シャットダウン装置を開発し、システム管理者の高い評価を得ました。

 

自動シャットダウン装置

MODEL7010/7011/7012(1990年~1993年)
        7010
HP9000 Series 300/400/800 用に作られた自動シャットダウン装置。HP-IBポートを介しUNIXのシャットダウンをスイッチ操作で簡単に実現しました。

MODEL7020(1991年~2003年)
      7020
MODEL 7010/7011/7012を進化させ、HP・Sun・DEC・SGI・DG・IBM・SONY・OMRON・NEC・TOSHIBA・FUJITSU、その他UNIXをOSとするワークステーションに対応した自動シャットダウン装置。汎用インターフェースであるRS-232Cをサポートし、全てのワークステーションと接続する事が可能になりました。

MODEL7030(1994年~2006年)
      7030
既に業界標準となっていたMODEL7020の上位機種として開発されたネットワーク(TCP/IP、SNMP)対応の自動シャットダウン装置。UNIXシステム、WindowsNTの自動運転が可能になり、エネルギーコストの削減に大きく貢献しました。現在は後継機種としてMODEL7040が開発され、各主要システムで活躍しています。

MODEL7020・7030は、全国地方自治体を始め、中央省庁、銀行、文教、民間企業へと、数千システムに採用されました。これらはUPSインターフェースを持ち、各社UPSと連携する事が可能です。

自動シャットダウン装置のパイオニア的地位を確立したISAの技術は、有力UPSメーカへの技術供与や技術提携の形でUPSのインテリジェント化にも大きく貢献しました。

1994年 「MELUPS 8400N-U」シリーズの発売
      8400←クリックで画像が大きくなります
三菱電機製の高信頼性UPS「MELUPSシリーズ」にMODEL7020の機能を内蔵した8400N-UシリーズUPS。予め設定した時間を越えて停電が継続した場合に、UNIXシステムを安全にシャットダウンする業界初のインテリジェントUPSです。

1996年4月「MELUPS 8400N-E」シリーズの発売(~1997年)
      
三菱電機製の高信頼性UPS「MELUPSシリーズ」にMODEL7030の機能を内蔵した8400N-EシリーズUPS。業界初のネットワーク対応UPSです。

1997年2月「MELUPS 2011N」シリーズの発売(~2002年)
      7030
MELUPS8400Nシリーズを機能的により進化させた後継機種。

これ以降も、ISAは国内メーカUPS用の管理ソフトウェア開発や、LANカードなどの供給を行っております。

東芝三菱電機産業システム
「Little star UPS」用管理ソフトウェアの開発(販売中)

このようにISAは20年以上にわたって、電源管理システムを開発・製造してきたメーカです。 電源管理は単純ではありません。スケジュール運転中の停電、停電が回復した時に給電を開始すべきかどうか?スイッチ操作との連携は? ISAは常にUPSがどのように動くべきなのか考えています。

このような経験、実績を基に、小規模システムでも積極的に採用されるような、常時インバータ方式でありながら低価格なUPSとして企画されたのがパワーガードマンシリーズUPSです。 今も昔もこれからも、ISAがUPSのあるべき姿を提案します。

販売店
UPSについて
ISAとUPS
UPS関連商品
WEB SHOP
新製品