Power Guardman シリーズラインアップ

パワーガードマンX


IoTを搭載したシステムの進展が加速しています。そのために、通信機器や小型で高機能な機器がネットワークにつながり、いたるところに設置され始めています。この多くは IT管理者不在か遠隔からの管理が前提のため、設置現場個別の自動運転や電源異常への対応に課題があります。パワーガードマンは、 ISAが長年市場に投入してきた UPS(無停電電源装置 )で、常時インバータ方式による電源出力の安定性能や品質について高い評価を得ています。

今回発表した「パワーガードマン X」シリーズは、いままでの「パワーガードマン」にギガビット・ネットワーク通信機能とスケジュール運転機能、入力電源変動監視機能を搭載した新しい概念の UPSです。例えば、施設内に設置されたネットワーク対応の通信装置やコンピュータ機器を、業務開始や終了スケジュールに合わせて機器の立ち上げやシャットダウンを「パワーガードマン X」単体で行えるばかりか、落雷等の影響による停電発生時に、これら機器類を手順に従って安全にシャットダウンし、復電と同時に再起動を行えます。

通常 UPSを組み込んだシステムでは、スケジュール運転や電源異常にともなう制御監視システムを必要としますが、「パワーガードマン X」シリーズは、この制御監視システムを内蔵させ UPSの機能と連携させることで、自律した電源運転システムが簡単に構築できます。また「パワーガードマン X」シリーズは、最小 1kVAから最大 10kVAまでカバーし、デジタルサイネージや ATMの様な小規模システムから、システム内に特殊用途として自律管理される高速演算システム等の大型システムまで、広範囲に対応可能です。

「パワーガードマン X」シリーズは、異常時の電子メール通知、イベントログの送信、入力電源ログの収集と送付など、ネットワーク連携機能を利用して管理者に向けた諸情報を提供できます。これにより、遠隔で多くの施設監視を行うサービスに、現場施設の電源インフラ情報や自動運転状況を一元管理することができ、運用品質向上に貢献できます。


【Power Guardman Xシリーズ 特長】

  1. 負荷力率0.9を達成、従来機種より20%程度ほど大きな負荷が接続できる
  2. GbEネットワーク搭載モデルを標準に12機種を用意
  3. 入力電圧、周波数範囲が広く、電源の変動にも対応、発電機との併用にも最適
  4. ネットワークを通してUPSの運転状態を管理できる
  5. IPv4/v6、SNMPv1/v2c/v3対応、暗号化通信による高セキュリティ機能
  6. 仮想化サーバを含む自動運転機能、エージェントレスシャットダウン機能
    (エージェントソフトは1ライセンス分付属)
  7. 電子メールやSNMPトラップなどによる多様な通知機能、警子ちゃんとの連携
  8. メールやコマンドによる遠隔制御機能
  9. 高機能かつリーズナブルな価格
  10. 延長バッテリユニットを接続することにより、バックアップ時間を延長可能
    (2台まで増設可能)
  11. 年間、5年間をはじめとした安心の保守メニューを用意、万一の故障にも万全です

ups・常時インバータ方式
常時インバータ方式

停電によるバッテリ運転への切換えは完全無瞬断の最も信頼性の高い方式です。しかも、負荷力率が0.9ですので従来機種より約20%大きな出力が得られます。出力電圧や周波数は常に一定で クリーンな出力を供給し、クリティカルな機器にも安心してお使い頂けます。ISAでは以前から全ての製品、システムでこの常時インバータ給電方式のUPSを中心にビジネス展開をしております。

ネットワーク機能UPS管理とシステム自動運転

●パワーガードマンXシリーズでは、webブラウザからUPSの状態をモニタリングすることが可能で、いつでもUPSの状態を遠隔から確認可能です。

●SNMP(RFC-1628 MIB)に対応しているので、UPSをご利用中のネットワーク監視ソフトウェアの監視下に置き、停電など事象の記録を取ることができます。

●入力電圧や負荷率などのデータログを記録し、メールやsyslogにより定期的に管理者に通知することが可能です。これにより、日ごろのサーバの運転状況(高負荷運転している時間帯など)の統計を取ったり、万が一トラブルが発生したときの解析に役立てることができます。

●サーバやストレージなど複数の機器で構成されたシステムは順序だててシャットダウンする必要があります。パワーガードマンXシリーズでは、複雑なスクリプトを記述することなく、それらのシャットダウンや起動の順序を簡単に決めることができます。

●エージェントソフトウェアPMA-ACEと連携し、複数の機器をネットワーク経由で運転・停止制御する自動運転システムの構築が簡単に行えます。エージェントソフトウェアを導入できないストレージなどはSSHやtelnet接続により運転・停止制御が可能です。

●スケジュール運転機能により、休日や夜間等、無人の状態でも計画的にシステムの運転・停止が可能です。

ups・広い入力電圧範囲
図2

一部の他社製品では入力電圧範囲が狭い為、ちょっとした入力電圧の変動に応じてバッテリ運転に切り替わってしまうものも見受けられます。この場合、バッテリは頻繁に放電と充電を繰り返す結果、バッテリ寿命が著しく短くなってしまいます。 パワーガードマンシリーズではこの入力電圧の範囲を広くとってありますので少しぐらいの電圧低下(上昇)ではバッテリ運転に切り替わらず、バッテリ寿命にも悪影響を与えません。

ups・出力電圧の中心値設定可能
図3

例えば100V系でもその中心値を100/110/115/120/127Vなどに設定できますのでそれらの電圧仕様の機器にも余裕を持って対応できます。

ups・小型・軽量化設計

ラックマウントタイプでは1/1.5/3kVAで2Uサイズ、添付の専用スタンドで縦置きも出来ます。6kVAと10kVAは本体とバッテリユニット合わせて6Uサイズと小型化の要求に充分応えられるサイズとしました。

ups・見やすい日本語ディスプレイ
図5

各種の状態表示(運転モード、入出力電圧・周波数、出力電流、負荷率、バッテリ端子電圧、想定バックアップ可能時間、装置内温度)や設定項目の確認などが日本語でLCDディスプレイに表示されますので、”何が起きている?”と言った時でも適切な情報が得られます。

ups・運転中のバッテリ交換が可能
図6

1k/1.5k/3kVAの各モデルでは、システムを稼働させたまま前面パネルから簡単にバッテリパックの取外し・交換が可能です。電気的接続を意識しないプラグイン方式です。

増設バッテリユニットバックアップ時間の大幅延長可能

1台ないし2台の増設バッテリユニットが接続できます。この増設により、数十分単位での大幅なバックアップ時間の延長が可能です。長時間の停電にもシステムシャットダウンをどうしてもしたくない重要システムで、発電機までの必要は無い場合には非常に有効な手段になります。

ups・ソフトウェア
図8

UNIX/LinuxおよびWindows対応のネットワークUPS用自動シャットダウンソフトウェア「PMA-ACE」および シリアル通信用自動シャットダウンソフトウェア「PGパワーモニタ」により、シャットダウン処理、スケジュール運用などの面倒な設定や管理も簡単に行えます。ISAはこれらの電源管理ソフトウェア開発のパイオニア企業であり、それらのソフトウェア技術は日本の代表的研究所や企業で広く使用されており、ISAのパワーマネージメントソリューションの重要な構成要素となっています。
PGパワーモニタ 対応OS
  Windows 7/Server 2008/Vista/Server 2003/XP/2000/NT
  HP-UX 7.x/8.x/9.x/10.x/11.x on HP9000 S300/S400/S700/S800/IA64
  HP Tru64 UNIX 5.x on XP1000 Alpha Server Series
  Solaris 2.x or later on SUN Sparc series
  Solaris 10 on Sun Fire (ix86) series
  Red Hat Linux 7.x on ix86 (RHEL v.5対応)
  AIX 3.2 or later on IBM RS6000 series

ups・省エネ運転モード


パワーガードマンでは省エネ運転モードの設定も可能です。入力電圧・周波数変動が少ない環境ではバイパス給電がセレクトされていますが、変動が大きい場合には即座にそれを検出し、インバータモードに切り替わります。その後、入力が安定すれば再度バイパス給電となりインバータは停止されます。比較的安定した電源環境下ではこのモードによってUPSは高い効率での運転が可能になりインバータ運転時の熱損失分の省エネ効果が期待されます。

ups・各種診断機能


UPSを稼働させると自動診断テストが開始され、制御回路やバッテリ状態を確認して異常があればLCDパネルやブザー、LEDなどで警告します。その後もアドバンスト・バッテリ管理機能によりモニタは継続され、更にバッテリの放電試験が30日毎に行なわれ、異常があれば警告されます。セットアップ直後(24時間、通常バッテリの充電期間)を過ぎると手動によるバッテリテストも可能です。

ups・更に高度な運用にも
図11

UPS出力を幾つかの系統に分け、その出力制御をネットワーク上からのサーバシャットダウン処理に連動して行なったりする場合などは、ISAのインテリジェントPDU装置とパワーガードマンの組合せが最適です。ISAは国内の代表的な大規模システムでの経験と実績をもとに、高度な運用にもパワーガードマンを最大限活用していきます。

ups・各種保護回路装備
図12

パワーガードマンXシリーズではUPS背面にサーキットブレーカが装備され、接続された負荷機器の異常状態に対応して回路が自動遮断されます。 またEPO(エマージェンシー・パワー・オフ)と呼ばれる回路も装備されており、緊急で出力を切りたい場合(負荷機器の異常や感電事故など)にはEPOタブを引き抜くことで出力を即断して事故の拡大を防止できます。

標準2年間の無償保守信頼性の高さへの自信

パワーガードマンシリーズでは標準で2年間の無償保守が付いています(3kVA以下のモデル)。さらに、オプションでは途中バッテリ交換(交換用バッテリパック送付)も含んだ5年間サポートも用意されており、各種サポートプログラムにより長期間安心してお使い頂けます。

ups・バイパス回路
図14

出力過負荷時やUPS制御回路異常時には、UPSは内蔵されたバイパス回路に自動的に切換えられ直接入力ラインから給電継続します。

ups・ネットワーク・ラインノイズ・フィルタ
図15

パワーガードマンXシリーズのUPSにはモデムやLANラインに重畳されるノイズ除去の為のフィルタが装備されています。ラインノイズの悪環境下で効果が期待できます。



ups・発電機対応などの機能

屋外での非常事態にも対応→検診車などの車載装置にも対応



パワーガードマンXは常時インバータ給電方式を採用しているため、発電機特有の周波数変動や電圧変動の影響を受けず常に安定した周波数と電圧の電力を供給します。さらに本体パネルのボタン操作により”発電機モード”への切り替えが可能で、この場合、入力周波数が定格範囲外であってもバッテリ運転へ切り替えることなく安定した周波数の電力を供給することが可能です。イベントなどの仮設電源や緊急時のネットワーク運用にも対応できます。

ups・静音設計


パワーガードマンでは静音性にもこだわっています。インバータ特有の発振音の抑制はもとより、空冷ファンの動作音にも考慮し、装置内温度が適正な場合にはファンの回転速度を制御して静粛性が保たれるように設計されています。

 
パワーガードマンN
UPSについて
ISAとUPS
UPS関連商品
WEB SHOP