UPSの容量は、どのように決めればいいですか?

1台のUPSでどれだけの機器をバックアップするか、という考え方で決めます。バックアップしたい機器の消費電力(W)2倍以上の容量を持ったUPSを選択するのが理想的です。例えば、バックアップ機器の合計が350Wの場合、700W以上の容量を持ったUPSを選択します。

バックアップ時間を長くする必要がある場合には増設バッテリも視野にいれる必要があります。