UPSに内蔵されるバッテリに気を付けることは何ですか?

UPSを高温環境で使用すると、バッテリの寿命が短くなります。まずは仕様環境の温度に気を付けてください。

寿命が過ぎたバッテリは十分なバックアップ時間を得られないどころか、液漏れなどの故障につながります。最悪の場合、火災事故につながります。

「バッテリイジョウ」アラームが発報されたら、UPSのご利用を中止し、バッテリ交換をご検討ください。