ヒステリシスとは何ですか?

NetEdgeでは異常検知値と回復検知値の差分を意味します。

例えば、上限注意しきい値を40℃、ヒステリシスを2℃に設定した場合、温度が上昇し40℃を超えると上限注意温度と判定します。そこから温度が下がり38℃(40-2℃)を下回ると、正常温度に戻ったと判定します。